GET Staff Blog

January 5, 2018

 

Learning English through Movies 〜洋画で日常表現を学ぶ〜

 

自分の好きなことをきっかけに英語を学ぶのはモチベーションを維持しながら、単語やフレーズを覚える良い方法です。今回は洋画を使った英語の学び方をご紹介します。 筆者も映画好きで年に80本から100本近く観るのですが、2017年に観た洋画の中からひとつの作品を例に取り、会話に使える表現を学んでみましょう。

 

■映画を選ぶポイント  

1)自分が大好きな映画を選ぶこと同じシーンやセリフを繰り返して聴くことになるのでその映画が好きであることが大前提です。  

2)映画のジャンルを選びましょう。アクション映画やホラー映画だとそもそもセリフが少ないので英語学習には不向きです。ラブストーリーや家族がテーマのソフトがいいですね。

 

■具体的な学習方法  

1)まず何回か「通して」観て、気に入ったセリフを見つける。そのセリフをまずは英語字幕なしで観てみよう。この時に聴いて、そのままを書き取るディクテーションしてみる。 この時にthe , on, at, など単語を1つ残らず聴き取ってみよう。何度か聴いてみてこれ以上は聴き取れないというところまで聴き取る。  

2)次にその箇所を英語字幕付きで聴く。 ここで色々なことがわかるはずだ。例えば私が以前ある映画を観ていて、「アニューイ」と聞こえる箇所があった。字幕を読むと I knew it. となっていた。目で読むと知っている単語が耳で聴くとわからないのだ。英語には独特の音声現象がある。音の連結、欠落などがそれだ。それを実際の音と文字をリンクさせることで身体で理解していく。  

3)次にimitation exercise をしてみる。 これはオウムのように音をそっくり真似て発音するものだが、この時pitch とrhythm を真似てみよう。つまり強弱とリズムを真似るのだ。そのうち、口の中であめ玉をころがすような発音ができるようになるはずだ。 この一連のプロセスを繰り返していく。慣れてきたら別の映画にも挑戦してみよう。 ここまで来れば聴き取れる箇所が増えているのに気づくだろう。英語の他に洋楽でも同じ効果が期待できる。映画と音楽の共通点は「楽しみながらできること」。楽しい→続く→リスニング力がつく→スピーキング力もつく という循環を作ろう。では具体的な作品を例に取ってセリフをみてみよう。

 

■映画:Brooklyn(ブルックリン) 2015年アイルランド・イギリス・カナダ合作

監督  :Jon Crowley
キャスト:Saoirse Ronan, E Cohen, J Walters 他

アイルランドからの移民女性がNYCのブルックリンに移り住み、さまざまな困難を乗り越えながら幸せをつかむストーリーだ。アイリッシュとアメリカ英語というグローバルな英語も学べる作品だ。 主人公が故郷アイルランドを出発する直前に友だちにこう聞かれる。

セリフ(1)『そこはどんなところなの?』What's it like ? みなさんはWhat does it like ? と What's it like ? の違いが聞き分けられますか?What's it like ? :あるもの(ここではit) がどのようなところか?と聞いているのです。このlike は「好き」という動詞ではありません。 What's your husband like? : あなたのご主人はどんな方ですか? What was the party like last night? : 昨晩のパーティはどんなだった?What is Singapore like ? : シンガポールってどんなところ? 同じ主人公がNYCへ渡る洋上でこうアドバイスを受ける。

セリフ(2)『入国管理局では周りを見て、毅然として振る舞うのよ』When you get to immigration, keep your eyes wide open. Look as if you know where you're going. ここでは字幕に注目だ。特に毅然として振る舞う、というセリフ。        

日本人学習者の多くは熟語を英語にするのが苦手だ。「毅然」という単語がわからずすぐに和英辞書を引いてしまう。実際に話している英語はこんなにカンタンなのだ。映画のセリフはこの日本語と英語のギャップを埋めるのに相当役立つ。こんなに活き活きとした表現を学べるのも洋画の楽しみのひとつと言っていい。別の映画だが『ひとつのことをきちんとやりなさい』が Do one right. となっていて目から鱗だった。 今回は洋画を使ってリスニング力とスピーキング力をつける方法をご紹介しました。 興味を持った方はぜひトライしてみてください。 GETでは映画や洋楽を使った短期コースも開講します。ご質問、お問い合せをお待ちしています。   


過去の記事

 

☆★☆★☆★☆★ 過去の記事はこちらからどうぞ!タイトルをクリック↓↓↓☆★☆★☆★☆★☆

   ☆★☆★☆★☆↓↓↓Click the title below for more blog entries!!☆★☆★☆★☆

February 1, 2017 Pops English 〜♪ポップス・イングリッシュ〜

October 20, 2016 It’s OK to forget words

         (忘れてしまっても大丈夫)

July 19, 2016  Should I learn proverbs?

         (ことわざって覚えた方がいい?)

July 4, 2016   Describing food

         (食べ物の表し方)

June 20, 2016 Recommendations

         (あなたのオススメ)

June 6, 2016 Getting confused by Japanglish

          (和製英語=ジャパングリッシュによる困惑)

May 24, 2016 How to start a conversation with someone on a train who seems lost…

         (電車で迷っている人を見かけた時の会話の始め方・・・)