GETプログラムを作るスタッフたち

ピースボート「地球一周の船旅」洋上及び東京にて、GETプログラムをコーディネートする、国際経験の多い個性豊かなスタッフたち。皆それぞれに、外国語を学ぶ面白さ、難しさ、国境を越えて多くの人とコミュニケーションを取る楽しさを体験している地球市民です。 それぞれの写真をクリックしてください。スタッフ一同、皆様とグローバル・イ ングリッシュでコミュニケーションを取ることを楽しみにしています。

ピースボート92回クルーズに乗船します。皆さんと洋上でお会いできるのを楽しみにしています!
Eduardo Vila

エドゥアルド・ヴィラ
初めて英語圏に旅行したとき、ミスをすることが恐くて緊張しました。外国語で話すときに大切なのは、恐怖心を乗り越え100%の正しさに拘らないこと。最高のレッスンは教科書からではなく実生活から。そんな感覚をお伝えしたいんです。

Keiko Ishida

 

石田景子
南アフリカで出会った現地の子どもたち。はちゃめちゃな文法と独特な発音の英語、ジェスチャーや表情で必死に伝えようとする姿に、コミュニケーションに本当に大事なものは何かを気づかされました。世界中の人々と心通わせる喜びを共に体感しませんか。

クルーズに乗船していないスタッフは、GET高田馬場校で皆さんをお待ちしています!

小泉紀子
留学先のカリフォルニアで出会ったのは、世界中から集まってきた人々。彼らは母国語に関係なく英語でコミュニケーションをとっていました。これが、「英語が話せれば世界中の人たちと話せる!」と思った瞬間です。

小泉紀子
Noriko Koizumi

ニコラス・サットン
米国で5年間スペイン語を勉強した後、バルセロナに留学。スペイン以外にも世界中から来ていた友達とスペイン語で会話しました。このような環境でグローバルなスペイン語に触れ、話すことに自信がつきました。

Nicholas Sutton


平 一廣
Kaz Taira

平 一廣
学生時代に♪洋楽にハマり、歌詞の意味を知りたくて勉強するうち、ドンドン英語が好きになりました。だから私にとってはジョン・レノンやB・ジョエルが先生です。過度に「正しい英語」にこだわる必要もないってこと、歌から学びました。

Pania Lincoln
Pania Lincoln

パニア・リンカーン
社会問題を広く学ぶこと、動物の権利と人権に関しての意識を高める啓蒙運動をすることが好きです。